公益財団法人
西郷南洲顕彰会

生い立ち

斉彬公との出会い

錦江湾へ入水

奄美での日々

沖永良部島流罪

名前の変換

西郷さんは生涯で、9回も名前が変わっています。(左画像の通称名の所です。)

通称名の所を、よく見てみるとの漢字がよく使われている事がわかります。

       南洲と書いてあるもものは、詞を本人が書き写したもの。
       南洲と書いてあるものは、本人が考えた言葉。